製品工程分析と同じ分析記号を用いるが、異なる点は「手待ち」があること。