レイアウトの基本は、モノの流れに沿って設備を配置すること。

レイアウトが整備されていないと、単に運搬作業が発生したり、これによるコストアップに繋がるだけでなく、段取りさぎょうにも大きく影響し、また仕掛品も増加する。

レイアウトは、環境の変化を考慮し、総合的なコストダウンの立場から、フレキシブルに変えていくのが得策。

レイアウトの改善の方向付けは、

①停滞させない

②運搬しない

という考え方で進める。