マン・マシンチャート分析ともいう。

作業者とその担当する機械や装置の動きを分析してダイヤグラムに表す。

分析の目的は、

①監視作業中に別の作業を取り入れ、作業密度をあげる。

②監視作業を利用し、別の機械を見るための余力を掴む。

多工程持ちの推進。