(1)設計段階で、加工工程や組立工程の作業性が十分に検討されていない為に発生する余計な作業。

 

本来、やらなくてよい作業。

 

(2)治具の精度が悪い、設備が古く故障が多い等の原因で発生する不良品や、仕掛品。

 

(3)生産計画の頻繁な変更によって発生する金型切替、部品切れ、仕掛品の増加等。

 

(4)不慣れな作業者による作業ミスや不良品の発生。