現場で行う工程分析の狙いは、

①ムダな工程や作業をなくす

②ムダな停滞をなくす

③工程の順序や作業の順序を入れ替えてみる

そして、出来るだけ作業者の動きを少なくし、材料や仕掛品の流れをよくする。

そのためには、まず実際の工程の順序に従ってありのままに表すことが大切であり、材料や仕掛品の荷姿また作業者の作業内容を写真撮影し、分析図に挿入していくと、より分かりやすい。

製品工程分析、作業者工程分析。