標準時間資料法

 

 個別生産や試作品を生産する場合、作業に着手する前に作業時間を見積もり、標準時間を設定しなければならない。

この場合、設計図面や規格書だけによって作業順序を想定し、標準時間を見積もらなければならない。

従って、事前に各要素作業の時間値を決めておき、それらを組み合わせ集計することで、実際に作業を観測しなくても標準時間を見積もることができる方法。