P・T・S法

Pre-determined Time Standardの頭文字。

既定標準時間設定法。

時間研究やレイティング(作業評価)には、観測者の主観による誤り、観測中の時計の読み取り誤差、記録の誤り等を常に抱えている。

また分析した作業方法そのものが、適正なものであったかという問題もかかえている。

P・T・S法は、これらの問題を開発しようとして開発された。

W・F法、M・T・M法が代表的。