W・F法   Work Factorの頭文字をとったもの。

R・W・F法、D・W・F法が代表的。

各手法の特徴を把握し、実際の作業内容に応じた手法を採用すべきである。