①時間観測による標準時間設定はレイティングを必要とするが、P・T・S法は必要ない。

 

②作業速度は、各種のP・T・S法で異なるものの、W・F法やM・T・M法では統一されており、標準時間設定上一貫性が保たれる。

 

③動作により、即時間値と結びついた改善が出来るため、作業改善手法としてすぐれている。

 

④標準時間設定が容易で、生産開始以前に、作業方法が設計可能である。

 

P・T・S法の短所

 

①基礎訓練だけでも1ヶ月以上を要し、完全に習熟するには少なくとも1年はかかる。