オードリックス(ORDLIX)

 

 

 最近ほとんどこの言葉を聞く機会はありません。

 

また、この言葉を解説した親書も、見かけることが無くなりました。

 

ですが、オードリックスのオペレーション(基本手順)は、作業の効率化を図るうえで現在でも十分役立ちます。

 

特に、流れ作業や大型設備を組み合わせた製造システム、又、新しいライン編成を構築する際にも効果的です。

 

ここでは、オードリックスの基本手順についてのみ、そのステップを紹介します。

 

 

第1 Step

 

 《現在のシステムを標準化する》

 

--Step--

 

  ①代表品種の選定

 

  ②オペレーションの区分

 

  ③時間測定(作業者、設備機械)

 

  ④現在システムの再構築

 

  ⑤目標サイクルタイムの設定

 

    ・日産の生産計画台数や、設備・機械能力等の影響をうける

 

  ⑥編成余裕率の算出

 

 

第2 Step

 

 《基本設計》

 

--Step--

 

 

  ①主体オペレーションの選定

 

  ②主体オペレーションの排除

 

  ③オペレーションのグルーピングと、工順図表の作成

 

  ④新しいシステムを構想する

 

  ⑤個別工程の基本設計

 

  ⑥ラインの基本設計

 

  ⑦他の代表品種(機種)に対する設計

 

  ⑧代替案の評価と、ラインの最終案の選定

 

 

第3 Step

 

 《詳細設計》

 

--Step--

 

 

  

  ①副次オペレーションの追加

 

  

  ②ネック工程における各オペレーションの改善

 

  

  ③各工程間の調整

 

  

  ④各ラインの再編成

 

  

  ⑤代替案の評価と最終案の決定

 

  

  ⑥その他事項の検討

 

 

《このステップを繰り返す》