Ⅰ.DIPSとは?

 

 知的労働に従事する人の生産性を向上させるシステム。

 

主に管理職に就く人々の業務を飛躍的に向上させるために、さまざまな試みが行われた。

 

そして、出来る人の仕事の仕方を法則化し、出来上がったものが「DISP」である。

 

Ⅱ.DIPSの法則

 

 ①5つのP

 

   仕事の受け方を工夫すると、知的作業の生産性が向上する。

 

   ・了解の“P”:仕事の依頼人やユーザーの了解が全てに優先する

 

   ・節約の“P”:時間を節約する

 

   ・時刻の“P”:すでに決定している時刻・納期を守る

 

   ・埋め込みの“P”:空き時間に行う仕事をあらかじめ考えておく

 

   ・価値の“P”:迷うときは成果の確かなほうを優先する

 

 ②防衛の30(サンマル)行動

 

   雑用から自分の仕事を優先するために、毎日30分の雑用処理時間を設ける。

 

   「B・B・C」

 

   B:Boss(上司)

 

   B:Buka(部下)

 

   C:Customer(顧客)

 

 

   「N・H・K」

 

   N:Neighbor(同僚)

 

   H:Honbu(本社・本部)

 

   K:Kousai(交際範囲・同僚・部下・他)

 

 

   「S・P・A」

 

   S:Semeru(攻める)

 

   P:Prepare(準備する)

 

   A:Avoid(回避する)

 

   という方法で処理する。

 

 ③マックスⅡの原則

 

   ・人間が集中力を持続する限界は概ね2時間である。

 

    従って、2時間以内に仕事に対する達成感と解放感が得られるようにする。

 

   ・会議や打ち合わせ、ミーティングも2時間以内で終了する。

 

   ・「防衛の30行動」と「マックスⅡの原則」を組み合わせ、スケジュールを組み立てる。

 

   ・業務のブレークダウンを、2時間以下の単位でこなせるように分解する。

 

 ④創造の30行動

 

   毎日30分、自分の能力不足を補うための時間を準備する。

 

   ・「KISSのWA(キッスの輪)」

 

    K:Knowledge(知識の不足)

 

    I:Information(情報の不足)

 

    S:Spare Time(余分な時間の不足)

 

    S:Spare Money(余分な資金の不足)

 

    W:Workforce(協力してくれる人の不足)

 

    A:Authorization(社内や上司の理解の不足)

 

   これらの不足を補う方法を考えていきます。