ミックス生産工程での問題点

 

 個人嗜好の変化に起因する、製品の短ライフサイクル化、製品種類の多様化に伴い、特に家電メーカーでは、異なる種類の製品をランダムに流して生産する、ミックス生産が増えている。

 

このような組み立て工程でしばしば見受けられる光景は、

 

  ①ラインサイドに多くの部品がある。

 

  ②生産スペースよりも部品スペースが広い場合もある。

 

  ③その日に使用しない部品が、置かれていることも多い。

 

  ④部品函の開梱、取り置き、入れ替え、空函の片付け等のハンドリング作業者が多い。

 

  ⑤ライン作業者は、多くの部品を取り置きするため、移動距離が長くなっている。

 

  ⑥工場内を、部品供給のための運搬車が走り回り、一度にまとまった量の部品を置いていく。

 

  ⑦特に時間納入の部品の場合、部品の欠品もしばしば発生する。

 

  ⑧ラインの第一線管理者は、本来の業務よりも部品供給業務に多くの時間を割いている。

 

ミックス生産における部品の欠品は、致命的なロスを発生させる。

 

部品が間に合わなかった製品は、ラインから降ろされ別の場所に仮ストックされる。

 

そして、その日の残業か翌日以降に生産される(但し、部品が揃ったとして)。

 

生産リードタイムに余裕があればよいが、ない場合は、それこそ徹夜の作業となる。

 

このようなロスは、生産性を著しく悪化させてしまうことになる。