作業改善の目的は、言うまでもなくコスト削減であり、「より良い製品をより安く造ること」である。

 

改善活動における具体的な狙いは、次のようになる。

 

改善の目標

 

   (1)疲労や熟練の軽減 (楽に)

 

   (2)品質の安定と向上 (良く)

 

   (3)時間やリードタイムの短縮 (速く)

 

   (4)原価の低減 (安く)

 

一般に、作業者が(楽に)作業をすることが出来れば、後の(良く)(速く)(安く)は容易になる。

 

 しかし、仮に多く生産することだけを目的とすると、品質(良く)を無視することにもなりかねない。

 

「改善の目標」に(1)から(4)の順位が付けられているのは、このような優先順位を明らかにする為である。

 

これらの目標以外にも、従業員の「安全性の向上」や「モラル(労働意欲)の向上」があげられる。

 

前述の四つの目標は、人体の特性を重視した作業域や仕事の設計、また作業方法を確立することによって、達成することができる。

 

またこれらは同時に、人間性の尊重と、職場のモラル向上にもつながると考えてよい。