普段私たちが行っている作業は、その方法が良くても悪くても、とにかく目的を果たしているというのが現状である。

その方法が、本当に正しいかどうかさえも、わからないのである。

この様なことを全く気にせずに、現状に甘んじていても、それはそれでやっていける。

 しかし、現状に満足している限り、そこからの向上は期待できない。

市場での競争は熾烈を極め、各社が品質、原価、サービス等で絶えずしのぎを削っている。

日々改善を積み重ね、現状を変えていかなければ、競争に負けてしまう。

どのような作業でも、それは常に改善されるべき要素を含んでいる。