工場内物流の今後

 

 (1)在庫を持たない生産体制への挑戦

 

    ①多種・多様性への対応生産(変種・変量・小口・多頻度)

 

    ②生産サイクルの短縮

 

    ③営業、工場、購買、部品管理、情報管理等、総合力の発揮

 

 (2)ロスを排除した、効率化の追求

 

    ①在庫、リードタイム、工数、スペース等の目標値とロスの対比

 

    ②付加価値を生まないプロセスの徹底排除

       ・手直し品の修理

       ・ハンドリング

       ・工程間仕掛、滞留品の発生

       ・作業のロス等

 

 (3)モノづくりの観点から見直される工場内物流

 

    ①生産方式の変化からの見直し

 

    ②下請け企業再編からの見直し

 

    ③付加価値からの見直し

 

    ④海外工場展開からの見直し

 

 (4)モノづくりにおける競争は、工場内物流の効率性とその全社的改善力が問われる