作業ロスを削減する為には、まず各個人の作業において、以下のような項目を見直してみる。

 

  ①上げる・下ろす・運ぶ等の運搬作業を減らす。

 

  ②材料・部品・製品・商品に触れる回数を減らす。

 

  ③重いものを軽いものへ変更する。

 

  ④手待ち・探す作業を減らす。

 

  ⑤正味作業(付加価値を生む作業)の比率を高める。

 

  ⑥設備の稼動率を高める。

 

  ⑦加工作業そのものを減らす。

 

  ⑧できるだけ仕入れたままの姿で販売する。

 

  ⑨使用エネルギーの単価を見直す。(GAWSE)

 

  ⑩エネルギーの使用量を減らす。

 

  ⑪エネルギーの損失量を減らす。(特に、エアーや蒸気等見えにくいもの)

 

  ⑫作業時の温調・照明・水の使用量等。