Q:材料や部品が組み立てラインに揃わなくて困っとるんですが、簡単にチェックできる方法を教えてもらえませんか。 

 

次のことを確認してみてください。

 

①納入が特定の時刻に集中していませんか?

これにより、自社の受け入れ業務が混乱していませんか?

業者別の納入時間設定は、思いのほか効果があります。

検収作業も部品が分散されることで、正確に行えるようになります。

検収後の部材の運搬も同様ですし、台車やリフト等の一時的な不足も解消されます。

 

②検収で、検収待ちの部品が多く発生していませんか?

検収人員のマンパワは、不足していませんか?

検査機器の能力は、不足していませんか?

 

③指定日以前に納入された部品が混ざっていませんか?

 

④部品ごとに納入日が決められていますか?

 

⑤部品の運搬器具が不足していませんか?

 

⑥部品の引き取り請求は、どこが行いますか?

次工程ですか?

 

⑦組み立て工程で、生産変更が頻繁に行われていませんか?

生産計画以外の変更は、多くのロスを発生させます。

 

⑧部材の納入方法が変更されていませんか?

国内調達から海外調達に切り替えた場合、リードタイムの設定は適切ですか?

海外調達部品に不具合が見つかった場合の対策は、講じていますか?

 

⑨部材の使用量が大きく変化していませんか?

 

まず、以上の項目を確認してください。