3月21日  今日は、私の誕生日だ。

 

 昨年、会社を依願退職し、今の会社を立ち上げた。

長年の“夢”に向かって船出をした。

目標は明確であり、準備期間も十分にあった。

何より、妻が理解して協力してくれていることが嬉しい。

会社生活のときと同様に、毎朝私の弁当をつくってくれる。

我が家のリスク管理のつもりか、彼女の働く日数が増えた。

無言の協力に感謝せずにはいられない。

彼女の不安は、いかばかりか。

想像するに余りある。

本当にありがたい。

 

 そんな中で、今日、誕生日をむかえることが出来た。

誕生日とは、“おめでとう”を言ってもらう日ではないと思っている。

誕生日とは、プレゼントを貰える日でもない。

誕生日とは、“ありがとう”を自分から伝える日だと思っている。

まず、妻に“ありがとう”と言いたい。

それから両親にも。

数十年前の今日は、母親が一番頑張ってくれた日だ。

そして、父親が初めて抱きしめてくれた日だ。

誕生日は、私だけのものではなく、妻にとっても両親にとっても特別な日。

 

 今朝、妻には“ありがとう”と言った。

そして、九州に住む両親にも電話で“ありがとう”の気持ちを伝えた。

また、起業後間もない私は、多くの人たちのお世話になっている。

とても言葉では語り尽せないほどに。

この場をかりて、皆さんにお礼を言いたい。

 

皆さん、本当に本当に“ありがとう”。

そして、こんな私ですが、これからも宜しくお願いします。