新たな挑戦

 

 11月17日(土) AM5:15 起床。

昨夜来の雨も止んで快晴だ。

ヤダナー。ヤダヤダ。

今日だけは土砂降りの雨になって欲しかった。

何故かって? ムムム・・・ムムム・・・

今日は30㎞ウォーキングに参加する日。

本当は歩きたくなかった。

何でこの齢になって30㎞。

何で8時間も歩かなあかんのか?

しんどいし、左膝に古傷もかかえている。

外気温が下がりはじめた最近は、時折痛み出す。

毎年、この繰り返しだ。

この古傷とは、上手につき合っていくしかない。

 

 しかし、不思議なことに、30㎞を歩いてみたいと思う、もう一人の自分もいる。

意を決してベッドからでる。

昨夜のうちに準備は整えていた。

朝食をすませる。

いつもはパン一枚とコーヒー一杯だが、今朝は違う。

さらに大福を一個食べる。(粒餡入り)

 

家をでて、車で集合場所へ。

AM8:30に到着。

少し早く着いたが、既に2名が来ている。

両名ともやる気満々だ。

私はというと、どうしても古傷が心配になる。

これは社会人になってすぐ、サッカーの試合中に骨折したもの。

今日のウォーキングで、どこまでこの左膝の古傷が耐えられるか試してみる。

 

 AM9:00 総勢9名、さあ、出発。

草津市の下笠町にある中嶋事務所をあとに、琵琶湖岸道路に出て北上する。

AM10:15 第一チェックポイントのコンビニに到着。

約6㎞歩いたことになる。

ここまでは気分爽快だ。

心配していた左膝の具合は大丈夫。

 しかし、左右の踵が靴ずれしそうだ。

コンビニでリバテープを購入し、左右の踵に貼った。

他のメンバーにもテープを分けてやった。

彼の踵には、既に“水疱”が出来始めていた。

約10分間の休憩ののち、さあ、出発。

しばらくして、ひょうたんや駒吉店長の中嶋君が横に並んできた。

このあと彼とは、ゴールまで一緒に歩くことになる。

30分位歩いて先頭を行くメンバーをとらえた。

そのまま追い越し、琵琶湖大橋にかかる。

ここまでは、すこぶる快調。

ここで記念撮影。

後ろを振り返るが、まだ誰も追いついてこない。

琵琶湖大橋のピーク部(最高部)で振り返ったが、後方のメンバーがよく見えない。

そのまま橋を渡りきり、第二チェックポイントのコンビニへ。

 

12時を少し過ぎていた。

ここでトイレタイムと昼食。

昼食は、いなり寿司3個入りのパックとソーセージ1本とお茶。

これをコンビニの駐車場でいただく。

昼食後、左右の足の裏にリバテープを貼って、靴ずれ対策。

左膝をかばうせいか、1時間くらい前から今度は右足首が痛い。

中嶋君が歩き方がおかしい・・と言ってくれた。

気にしていた左膝の古傷よりも、右足首のほうが痛い。

こちらは、黄色の点滅信号状態だ。

いつまでもつか。

靴下を新しいものと取り換える。

 

 約30分の休憩。

遅れて到着してきたメンバーを残して、中嶋君と出発。

スタートから約3時間歩いたが、まだ中間点まで到達していない。

中嶋君といろいろ話しながら歩き続ける。

彼がいなかったら、とっくに歩くのを止めているだろう。

途中、妻がいれてくれたチョコレートをザックから出し、半分を中嶋君へ。

このチョコレートは、私の大好物であるロッテのRummy。

私が高校生のころからある、いきの長い製品だ。

チョコレートの中に、ラムレーズンがたくさん入っている。

冬季限定販売の製品だ。

これが旨いし、元気もでてくる。

中嶋君は、今まで食べたことがないと言っていた。

かわいそう。

中嶋君が、両太ももの裏側が痛いと言っている。

実は、私も同様の場所に痛みがでている。

ここまでくると、あちらこちらと痛みがでてくる。

二人とも冗談が言えなくなっている。

互いに励ましあいながら、歩を進める。

第三チェックポイントが遠い。

気がつくと、一歩の歩幅が狭くなっている。

溝を覆っているコンクリートの蓋が、一歩で越せなくなっている。

明らかにペースが落ちている。

 

 PM2:00を過ぎて第三チェックポイントのコンビニに到着。

ここでトイレを借り、ポカリを買ってすぐに出発。

途中気付いたことだが、数多い信号にかからない。

タイミングよく青色で通過している。

ここからゴールまで残り4.5㎞。

二人の会話は、とりとめのない内容だが、延々と続く。

会話が途切れれば、容赦ない足の痛みに襲われる。

二人ともそれに気づいている。

両足の痛みは、既に赤信号の点滅状態だ。

よくここまで私を運んでくれている。

普段、体のケアーをしていないことに気づかされる。

左右の足の裏には、水泡ができていると思われる。

残り約2㎞、頼むからゴールまでもってくれ。

 

 見覚えのある日本風の屋根が見えてきた。

「ホテル紅葉」、ここまでくればあと少し。

中嶋君を励ます。

彼は、この辺の地理に詳しくない。

やがてゴールの「八景館」が見えてきた。

手前にある二つの橋を渡り切る。

元気がでる。

彼のおかげでここまで来れた。

彼にも自分の体にも、お礼を言いたい。

 

 PM3:02 「八景館」にゴール。

ロビーのソファに座り、靴を脱ぐ。

気持ちいい・・、生き返ったようだ。

両方の靴下を脱いで足裏を見ると、思ったとおり大きな“水疱”が出来ている。

右足裏には、大きな“水疱”が2個、左足裏には、1個。

よく破れずにもってくれた。

30㎞を途中休憩をとりながら7時間で歩いた。

何よりも、左膝の古傷が、このハードなウォーキングに耐えてくれたことが嬉しい。

お風呂に入り、体をゆっくり休めたい。

両足をマッサージしてあげたい。

そう思って、ソファから立ち上がろうとした。

立てない・・・なぜ?

腰が痛くて立てない。

横に座っている中嶋君も立てないでいる。

テーブルに片手を、ソファにもう一方の手をついて体を持ち上げる。

やっと立てた。

が、今度は歩けない。

初めの一歩が踏み出せない。

文字通り、満身創痍だ。

近くのエレベータまで歩くのに一苦労。

中嶋君も孤軍奮闘している。

一度座ってしまうと、次に立ち上がれないのだ。

それがこのとき分かった。

 

浴場に到着するのにあと何分かかるだろう。

限りなく遠く感じる・・・遠い。

やっとの思いで浴場の脱衣場へ・・・。

ここで大問題が発生。

なんと、着ている服が脱げない。

痛みは足だけでなく、体のあちこちからでている。

最後の下着を脱ぎ終わるまでまた一苦労。

やっとの思いで浴室へ。

シャワーが心地いい。

湯船に入ると、少しぬるめでちょうどいい。

足を揉んでやる。左・右・左・右・・・

よく頑張ってくれた。

他のメンバーを大きくリードしてのゴール。

自分の体に感謝。

中嶋君に感謝。

このウォーキングを企画してくれた、中嶋事務所のメンバーに感謝。

また、我々をサポートしてくれた人たちにも感謝。

今回の体験は、生涯忘れないだろう。

 

皆さん、ありがとうございました。

「経営者は、まず自分の健康管理から・・」を実感させられた一日でした。

 

>>エッ! 来年も参加しないかって?。

 

絶対、絶~対いや。しない。

もう二度としない。