株式会社 Big Gain (ビッグ・ゲイン)/ 製造現場におけるコスト削減支援コンサルタント会社

株式会社 Big Gain (ビッグ・ゲイン)
「大きく成長させる」あなたの会社を大きく成長させる製造コスト削減コンサルタント会社

事例紹介

N株式会社滋賀事業所の支援活動を終えて(前編)

2016年10月31日、N株式会社滋賀事業所の支援活動を終えた。
同社の支援は、公益財団法人滋賀県産業支援プラザからの依頼によるものであった。
期間は、2016年4月から2016年10月、10回(4時間コース)。
依頼内容は、『在庫管理の合理化・近代化に関する助言・指導』。
.
同社は、滋賀県東近江市を中心に事業活動を展開されている。
業種は金属製品の製造・販売で、従業員数は約100名、内滋賀事業所は約50名。
同社の直近の売上高は6,120百万円、1人当たりの売上高は60百万円を優に超える。
.
支援活動に着手する前に、事前に同社T取締役と滋賀県産業支援プラザの担当者をふくめ、打ち合わせを行った。
T取締役によると、滋賀事業所では近年特に製品の種類が増え小ロット化したため、その発注形態や管理が複雑になり、十分な管理が出来ていないとのこと。
現在の担当者任せの業務では、在庫金額が膨らむ一方で、停滞による死蔵品が絶えず発生して、経営効率に悪影響を与えているというお話であった。
.
実をいうと、T取締役から滋賀県産業支援プラザを通した同様の依頼は1年前にもあったが、同社社内方針の変更で直前に取りやめになった経緯がある。
社長方針により、外部の人間に頼らず自分たちで、発注方法の合理化や在庫金額の削減に挑戦するというのがその理由であった。
初回の顔合わせの時、T取締役から今の困りごとを伺ったあと、私はいくつかの質問をし、一般論として次のようなアドバイスを行っていた。
≪アドバイス1≫
○担当者任せの納期設定になっている
・・発注量が少量であるため、相手側に気を遣いまた力関係を考慮して、相手側からの調達リードタイム(L/T)をそのまま受け入れている。
また、一回の納入ロット数も、相手側に合わせている。
さらに、今後もこれからも相手側との友好関係を維持したいと考え、調達(L/T)短縮の要請が出来ていない。
≪アドバイス2≫
○担当者任せの発注時期になっている
・・発注者は納期遅れを心配し、生産現場に投入するタイミングよりも早めに発注している。
さらに、相手側が指定納期に遅れても、投入するタイミングまでには時間的に余裕があるため、督促できていない。
以上のようなことから、先ず、発注担当者へのヒアリングを実施し業務内容の棚卸を行い、これに改善を加えていくことを提案していた。
.
それから約1年後、先に述べたように再度、支援依頼がT取締役よりとどいた。

詳細 »

>株式会社 北びわこ水産

>【取組内容】『部門別収支経営の導入』
>【取組期間】2010年6月~2011年5月
 
>《馬場社長のお話し》
 弊社、株式会社北びわこ水産は、滋賀県長浜市長浜地方卸売市場内の水産物卸会社です。
平成15年12月に、同市場内の2水産物卸会社を1社に統合し、新設された会社です。
新設され新たにスタートしたとはいえ、その内容はこの業界特有の意識、習慣、価値観等を引き継いだままでした。
消費が拡大し好景気が続く時代ならまだしも、年を追って市場流通が厳しくなるばかりの時代にあって、この状態のままではとても将来を望むことは出来ないと思いました。
 
先ず「何を変えなければならないか」、「変えるために、どのように進めていけばいいのか」、「それは自社で出来るか」ということを冷静に考えた結果、先ず変えるのは「会社自体の意識」であることは判りました。
 しかし、その実現方法については全く確信を得ることが出来ず、外部の専門家に依頼することを決定したのが平成19年でした。
そこで出会いましたのが、田中、小田両先生でした。
5S運動の意味、進め方、効果等の基本を1年かけて丁寧に教えて頂き、「弊社の場合、5S運動の行きつく最終地点は、部門別収支経営です」とも言われておりました。
ただ当時の弊社の実情として、とてもそこまで取り組むだけの力は備わっていないと判断し、「部門別収支経営」は手つかずに終わりました。
 
5S運動を3年続けていく中で、取締役の中から「部門別収支経営」に取り組むべしと言う意見が挙がり、平成22年に再び小田先生に御指導をうけることとなりました。
部門別収支経営は、平成23年4月にスタートしたばかりで、この効果を云々するには時期相応ではありません。
 しかし、部門別収支経営の骨子となる、リーダーの育成、経営計画の策定、計画実現のための具体的取組項目策定と実行、その進捗状況の検証、権限分配、そしてそれらを下支えする社員の仕事に対するやり甲斐、これらの事項が明確になったことは大きな収穫だと思っております。
 
今まで月次の決算が出るのは月の半ばでしたが、月の半ばを待っていては、当月に先月の計画数値と実数値との齟齬を修正し対策を講じることはできず、それでは部門別収支経営自体が無意味となります。
そこで、どうしても月の7日以内に出るように事務方にお願いしたところ、5日に出してくれました。
目標、目的、理由を明確に説明すれば、可能になることはあるのだと教えられました。
さらに、部門が損益主体となりますから、各部門に所属する社員の収益に対する意識が変わり、それが接客態度、営業態度の変化に繋がっています。
かつての我々は、日々の売り上げに一喜一憂していたばかりで、とても将来を見据えて一つ一つ積み上げていくという考え方さえ知らずにおりました。
これでは、厳しくなるばかりの市場環境下で、たとえ日々頑張ってみても良い結果は望めないと、いま確信しております。
部門別収支経営の手法が万能とは思いませんが、其の持っている基本的な考え方は間違っていないと思っております。
今後も基本を忠実に守り、少しずつ着実に結果を積み重ねていきたいと考えております。

詳細 »

>2011年度セミナー予定

><『生産性向上、コストダウンのためのIE活用術』
日程:2011年11月7日
日程:2011年11月8日の2日間
時間:10:00~17:00
会場:大阪府商工会館
大阪市中央区南本町4丁目3-6
主催:社団法人 大阪府工業協会
【骨子】
 管理技術の基礎であり、尚且つ生産性の向上、或いはコスト削減の基本になっているのが“IE:インダストリアル・エンジニアリング”である。
“IE”を研究し、発展させてきた世代が退職し減少している今、再度“IE”の考え方を理解し、手法の基本を身につけ、自分たちの職場で活用していただく。
【概要(仮)】
  (1)IE(インダストリアル・エンジニアリング)の概要
  (2)効率化活動の企業内展開
  (3)IEの実務(製品工程分析のやり方)
  (4)IEの実務(時間分析のやり方)
  (5)IEの実務(動作分析のやり方)
 
>終了<『規律ある職場づくりと現場改善の進め方』
日程:2011年10月20日
時間:10:00~17:00
会場:大阪府商工会館、地下1階研修室
大阪市中央区南本町4丁目3-6
主催:社団法人 大阪府工業協会
【骨子】
 「整理」・「清掃」・「整頓」を推進することで、製造現場に発生するおおくの「ムリ」・「ムラ」・「ムダ」を改善する
【概要】
  (1)モノづくり現場管理の基本(改善の前に大切なこと)
  (2)規律ある職場づくりは、「整理」・「清掃」・「整頓」からスタート
  (3)「整理」・「清掃」・「整頓」から始める現場改善の進め方
  (4)事例演習・・・人手作業の改善策を考える
  「整理」・「清掃」・「整頓」をベースに作業効率を上げる方策を練る
 
>終了<『作業標準書の作成』
日程:2011年10月6日~7日
時間:09:30~15:30
会場:京丹後市商工会館
京丹後市峰山町杉谷836-1
主催:京都府商工会連合会
【骨子】
 改善後の作業方法を「作業標準書」に落とし込み、職場に定着させる
【概要】
  (1)作業標準書は、品質確保と能率向上の必須条件
  (2)作業標準書の様式と盛り込む内容
  (3)作業標準書の作り方
  (4)作業標準書を活用するために
  (5)事例演習・・・作業標準書作成のステップ
 
>終了<『生産期間(リードタイム)の短縮』
日程:2011年07月23日
時間:09:30~16:30
会場:大阪府商工会館
主催:社団法人 大阪府工業協会
【骨子】
 「スピード」は強力な武器。
 人を増やさず、在庫も増やさずに納期を縮めるツボ!
  (1)「生産期間(リードタイム)」とは
  (2)なぜ生産期間の短縮が必要か
  (3)製造リードタイムを短縮する4つの方法
  (4)事例に学ぶ・・・リードタイムの短縮例
 
>終了<『製造現場での原価管理とコスト削減』
日程:2011年06月18日
時間:09:30~16:30
会場:大阪府商工会館
主催:社団法人 大阪府工業協会
【骨子】
 原価を度外視した管理はあり得ない。
 現場目線で押さえておくべき原価の基礎!
  (1)製造現場で管理すべき3つの原価
  (2)標準原価計算
  (3)標準原価の設定(玩具を使って標準原価を設定)
  (4)標準原価を用いたコスト削減
  (5)事例演習・・・製造現場のコスト削減
 
>終了<『標準工数(時間)の設定方法』
日程:2011年05月21日
時間:09:30~16:30
会場:大阪府商工会館
主催:社団法人 大阪府工業協会
【骨子】
 所要時間の見積もりが曖昧だと、日程計画が立てられない、能率もあがらない!
  (1)作業標準書から標準工数(時間)が決まる
  (2)標準工数(時間)の成り立ち
  (3)標準工数(時間)の設定方法
  (4)事例演習・・・標準工数(時間)を実際に設定する
 
>終了<『作業標準書の作成』
日程:2011年04月16日
時間:09:30~16:30
会場:大阪府商工会館
主催:社団法人 大阪府工業協会
【骨子】
 改善後の作業方法を「作業標準書」に落とし込み、職場に定着させよ!
  (1)作業標準書は、品質確保と能率向上のための必須条件
  (2)作業標準書の様式と盛り込む内容
  (3)作業標準書の作り方
  (4)作業標準書を活用するために
  (5)事例演習・・・作業標準書作成のステップ
 

詳細 »

>2010年度セミナー予定

>終了<『ムダ・ムリ・ムラの見つけ方、改善方法』
日程:2011年03月12日
時間:09:30~16:30
会場:大阪府商工会館
主催:社団法人 大阪府工業協会
【骨子】
 ムダ取りは、改善の第一歩。
 コストアップにつながるムダ・ムリ・ムラを見逃すな。
  (1)コストアップにつながるいろいろなムダ
  (2)IE手法を用いた「ムダ・ムリ・ムラ」の排除
  (3)動作分析による「ムダ・ムリ・ムラ」の排除
  (4)事例演習・・・改善案をつくる
 
>終了<『現場の基本「3S+3R」を徹底せよ!』
日程:2011年02月26日
時間:09:30~16:30
会場:大阪府商工会館
主催:社団法人 大阪府工業協会
【骨子】
 「3S+3T」ができていなければ、どんな改善も効果は少ない。
 まずは基本の徹底が大切。
  (1)モノづくり現場での心得
  (2)3S・3Tこそ強い現場力の基盤
  (3)3S・3Tをベースにした現場改善の進め方
  (4)改善案を実際につくる
 
>終了<『整理・清掃・整頓から始める現場改善(仮称)』
日程:2010年11月9日
時間:10:00~17:00
会場:大阪府商工会館
主催:社団法人 大阪府工業協会
 
>終了<『現場改善指導員の為のスキルアップセミナー(仮称)』
日程:2010年9月30日
時間:10:00~17:00
会場:京都府商工会連合会
主催:京都府商工会連合会 経営支援部
 
>終了<『製造工程での“ムダ”を排除(仮称)』
日程:2010年9月15日
時間:9:30~16:30
会場:草津商工会議所
主催:草津商工会議所 事業課
 
>終了<『現場でのコスト削減と作業標準書への展開(仮称)』
日程:2010年7月26日
時間:10:00~17:00
会場:大阪府商工会館
主催:社団法人 大阪府工業協会
 
【骨子】
 生産現場には、動くものが“3つ”あります。
  (1)原材料、部品
  (2)機械、設備
  (3)人(作業者)      です。
 
(1)の動きが悪いと、在庫の山となり、さらには滞留在庫が発生します。
(2)の動きが悪いと、トラブルによるチョコ停が発生し、生産が出来なくなります。
(3)の動きが悪いと、ムダな動きが発生し、人員を多く使い、結果、生産効率は上がらず、直接労務費は増大します。
 
 今回のセミナーは、上記(3)人(作業者)の動きに的を絞った内容です。
従いまして、人に頼った生産現場をお持ちの会社に適しています。
 
 VTRで人(作業者)の動きを観察し、ムダを発見し、改善案を抽出していただきます。
この時、他のセミナー参加者の改善案も参考に、さらに改善を重ねてまいります。
最後に、コンサルタントが行う着眼点や着想も説明してまいります。
 
 その後、選択した改善案を元に、作業標準書を作成していただきます。
その際、作成時に注意すること、出来あがった標準書の活用のポイントを学習していただきます。
さらに、作業標準書を効率よく活用していくために、管理者としての役割も学習していただきます。
 
 最後に、ISO9001との関連にも、少し触れております。

詳細 »

上海西口印刷有限公司

上海西口印刷有限公司 様の事例を紹介しています。

詳細 »

トーフレ株式会社 上海工場

特扶利五金制品(上海)有限公司 様の事例を紹介しています。

詳細 »

株式会社 北びわこ水産

株式会社 北びわこ水産様の事例を紹介しています。

詳細 »

関東屋 またの食品 株式会社

関東屋 またの食品 株式会社様の事例を紹介しています。

詳細 »

有限会社 洛菜園

有限会社 洛菜園様の事例を紹介しています。

詳細 »

ベトナム松下ホームアプライアンス(有)

ベトナム松下ホームアプライアンス(有)様の事例を紹介しています。

詳細 »

Produced by MizuhoNet Corporation