株式会社 Big Gain (ビッグ・ゲイン)/ 製造現場におけるコスト削減支援コンサルタント会社

株式会社 Big Gain (ビッグ・ゲイン)
「大きく成長させる」あなたの会社を大きく成長させる製造コスト削減コンサルタント会社

>2012年度セミナー予定

投稿日: 2013年 02月 04日 月 | Posted by 小田 久 | カテゴリ: 最新情報 セミナー案内 最新情報 新着情報 最新情報

 

>終了しました<『作業標準書の作成』

日程:2013年3月25日(月)

時間:9:00~15:00

会場:京都府 宮津市 歴史の館 文化ホール

主催:グンゼ株式会社 宮津工場

 

 

>終了しました<『段取り作業の改善』

日程:2013年3月11日(月)

時間:9:00~15:00

会場:京都府 宮津市 歴史の館 文化ホール

主催:グンゼ株式会社 宮津工場

 

 

>終了しました<『事例で学ぶ作業分析』

日程:2013年2月22日(金)

時間:9:00~15:00

会場:京都府 宮津市 歴史の館 文化ホール

主催:グンゼ株式会社 宮津工場

 

 

>終了しました<『IEの基礎と改善の進め方』

日程:2013年2月15日(金)

時間:9:00~15:00

会場:京都府 宮津市 歴史の館 文化ホール

主催:グンゼ株式会社 宮津工場

 

 

>終了しました<『3S+3T』・『見える化』の導入・実践

日程:2013年1月25日(金)

時間:9:00~15:00

会場:京都府 宮津市 歴史の館 文化ホール

主催:グンゼ株式会社 宮津工場

 

 

>終了しました<『作業改善から標準書への展開手法』

日程:2012年10月24日(水)

時間:10:00~17:00

会場:大阪府工業協会研修室

大阪市中央区本町4-2-5、本町セントラルビル6階

地下鉄「本町」駅⑧出口より徒歩1分

主催:公益社団法人 大阪府工業協会

【骨子】

作業標準書によるモノづくり。

『One Best Way』の作業方法を定め実践することで、

(1)品質が安定する。

(2)作業が完結する。

(3)今までよりも効率よく作業する。

セミナーでは、VTRの作業を改善し、改善した内容を作業標準書に落とし込むという、一連の流れを学んでいただきます。

【概要(仮)】

  (1)作業改善から標準書へのステップ

  (2)“ムダ”の排除が標準化の決め手

  (3)事例演習:ビデオを使って作業の“ムダ”を見つける

  (4)作業標準書への落とし込み

  (5)作業標準書「活用」のポイント。

 

 

>終了しました<『生産期間(リードタイム)の短縮』

日程:2012年9月12日(水)

時間:10:00~17:00

会場:大阪府工業協会研修室

大阪市中央区本町4-2-5、本町セントラルビル6階

地下鉄「本町」駅⑧出口より徒歩1分

主催:公益社団法人 大阪府工業協会

【骨子】

スピードは強力な武器です。

人を増やさず、在庫も増やさずに、納期を縮めてまいります。

【概要(仮)】

  (1)生産期間(リードタイム)とは?

  (2)なぜ生産期間の短縮が必要か?

  (3)製造リードタイムを短縮する4つの方法

  (4)事例に学ぶ・・リードタイム短縮例

     ・・2つ事例を基に、その着眼点と短縮方法を学んでいきます。

 

 

>延期です<『海外現場での「3S・3T」の導入・定着の進め方』(仮称)

日程:2012年9月3日(月)

時間:10:00~17:00

会場:大阪府工業協会研修室

大阪市中央区本町4-2-5、本町セントラルビル6階

地下鉄「本町」駅⑧出口より徒歩1分

主催:公益社団法人 大阪府工業協会

【骨子】

 言語、考え方、文化、歴史が異なる異国での管理技術の導入。

単語の意味を理解し、その考え方を現地流に噛み砕き、モノづくり現場で実践していく。

実体験を基にした、さまざまな取組ステップを紹介。

【概要(仮)】

  (1)お客様が見た工場の第一印象

  (2)まず、文化の違いを認識

  (3)『3S・3T』の考え方

  (4)取組内容(1)・・勉強会の実施

  (4)取組内容(2)・・推進委員の選抜・認定

  (5)取組内容(3)・・『3S・3T』の導入(写真で見る現状)

  (6)取組内容(4)・・工場レイアウトを変更

  (7)取組内容(5)・・『3S・3T』をベースとした工場づくり

  (8)取組内容(6)・・活動を継続させる仕掛けづくり

 

 

>終了しました<『製造現場での原価管理とコスト削減』

日程:2012年8月22日(水)

時間:10:00~17:00

会場:大阪府工業協会研修室

大阪市中央区本町4-2-5、本町セントラルビル6階

地下鉄「本町」駅⑧出口より徒歩1分

主催:公益社団法人 大阪府工業協会

【骨子】

原価を度外視した販売単価の設定はありえません。

しかし、実際の販売金額は、多くの場合、親会社やお客様の指値で決まります。

従って、原価力のない企業は、やがては競争力を失ってしまいます。

【概要(仮)】

  (1)製造現場で管理すべき3つの原価

  (2)標準原価計算

  (3)標準原価の設定

  (4)標準原価を用いたコスト削減

  (5)玩具(ブロック)を用いた事例演習

     ・・玩具の組み立て作業を改善し、製造現場のコストを削減。

 

 

>終了しました<『標準時間(工数)の設定方法』

日程:2012年7月25日(水)

時間:10:00~17:00

会場:大阪府工業協会研修室

大阪市中央区本町4-2-5、本町セントラルビル6階

地下鉄「本町」駅⑧出口より徒歩1分

主催:公益社団法人 大阪府工業協会

【骨子】

作業時間の設定が曖昧だと、生産計画が立てられないばかりか、作業者個人個人で単位時間当たりの出来高も異なり、納期にも影響を及ぼします。

【概要(仮)】

  (1)作業標準書から標準時間が決まる

  (2)標準時間の成り立ち

  (3)標準時間の設定方法

  (4)VTR事例演習

     ・・VTRの作業を見ながら標準時間を設定し、生産に必要な人員の算出を行い、ラインのバランスを検討してまいります。

 

 

>終了しました<『製造現場で実践する「ムリ・ムダ」の徹底排除の進め方』(仮称)

日程:2012年7月5日(木)

時間:13:00~17:00

会場:長浜商工会議所・中ホール

滋賀県長浜市高田町10番1号

主催:長浜商工会議所

【骨子】

 製造部門においては、現場に潜むムダやロスを取り除くことが、即コスト削減につながります。

 しかし、普段の業務の中からムダやロスを見つけることは意外と難しく、なかなか改善が進まないという声を聞きます。

そこで、今回のセミナーでは、ビデオを使った演習で実践力をつけていただきます。

実際の作業を映した映像から、どこにムダが潜んでいるかを見つけ出し、改善点の見つけ方をスムーズに理解していただきます。

【概要(仮)】

  (1)製造現場のムダを把握せよ

  (2)“コスト意識”こそムダ・ロス退治の大前提

  (3)製造現場で取り組む、ムダ・ロス退治の進め方

  (4)VTR事例演習

     ・・問題点の発見・抽出⇒改善案の立案。

      《作業者工程分析法の理解》

 

 

>終了しました<『作業標準書の作成』

日程:2012年6月13日(水)

時間:10:00~17:00

会場:大阪府工業協会研修室

大阪市中央区本町4-2-5、本町セントラルビル6階

地下鉄「本町」駅⑧出口より徒歩1分

主催:公益社団法人 大阪府工業協会

【骨子】

改善後の作業方法を「作業標準書」に落とし込み、作業ルールとして守らせます。

【概要(仮)】

  (1)作業標準書は、品質確保と能率向上の必須条件

  (2)作業標準書の様式と盛り込む内容

  (3)作業標準書の作り方

  (4)作業標準書を活用するために

  (5)VTR事例演習

     ・・VTRの作業を見ながら、改善後の作業を作業標準書に落とし込んでまいります。

 

 

>終了しました<『事例演習で学ぶ作業分析の手法』

日程:2012年5月30日(水)

時間:10:00~17:00

会場:大阪府工業協会研修室

大阪市中央区本町4-2-5、本町セントラルビル6階

地下鉄「本町」駅⑧出口より徒歩1分

主催:公益社団法人 大阪府工業協会

【骨子】

 付加価値を生まない作業を徹底的に洗い出し、その時点で One Best Way の作業方法を見つけてまいります。

【概要(仮)】

  〔1〕時間分析のやり方

    (1)時間分析の目的

    (2)VTRを使った現状分析

    (3)分析手順

    (4)VTRによる事例演習

     ・・VTRの作業を見ながら時間観測用紙に記入し、改善案を抽出し、改善提案シートに記入してまいります。

  〔2〕動作分析のやり方

    (1)動作分析の目的

    (2)代表的な動作分析(R.W.F分析の概略)

    (3)分析記号と時間値

    (4)分析手順

    (5)VTRによる事例演習

     ・・VTRの作業を見ながら動作分析を行い、改善案を抽出し、改善提案シートに記入してまいります。

 

 

>終了しました<『IEの基礎と改善の進め方』

日程:2012年4月25日(水)

時間:10:00~17:00

会場:大阪府工業協会研修室

大阪市中央区本町4-2-5、本町セントラルビル6階

地下鉄「本町」駅⑧出口より徒歩1分

主催:公益社団法人 大阪府工業協会

【骨子】

 “IE:インダストリアル・エンジニアリング”の手法を用いて、現場改善の切り口を見つけ、生産性を向上させてまいります。

“IE”を研究し、発展させてきた世代が退職し減少している今、再度、現場改善に有効な“IE”の考え方を理解し、手法の基本を身につけ、自分たちの職場で活用していただきます。

【概要(仮)】

  (1)IE(インダストリアル・エンジニアリング)の概要

  (2)工程を効率化させるには?

  (3)生産性向上の進め方

  (4)工程分析のやり方

  (5)VTR事例演習

     ・・VTRの作業を見ながら工程分析用紙に記入し、改善案を抽出し、改善提案シートに記入してまいります。

Produced by MizuhoNet Corporation